FLOW 製造の流れ

ここでは、他社には真似できない、企画から設計、据付まで全てワンストップで行うロボット製造の流れについて、詳しくご紹介します。

FLOW 01 ご相談

まずはお客様のご相談内容をしっかりとお聞きして、その後作業現場へうかがいます。実際の作業を見て、そこでどんな作業が行われているか、また、ロボットがどこまでの作業をどのようにサポートできるのか、しっかりと見極めるためです。
産業用ロボットの企画・設計・製造 アイズロボ株式会社 ご相談

FLOW 02 企画ご提案

機械設計の専門家が、ロボットを含めた周辺設備の構想図を描き、それを実現するためのお見積りをご提出致します。構想図やシミュレーションなどを元に、どのようにロボットが作業するのか詳しくご説明しますので、導入後のイメージをしていただきやすいと思います。

FLOW 03 テスト・実験(必要性のある場合)

初めてのケースとなる場合は必ずテストや実験を行います。場合によっては、構想図と違う材料や作業ツールを選定し提案いたします。また、ロボットでの対応が困難かも知れないケースについては、実際の製品をお借りして、ロボットで作業をした場合のテスト動画を撮影することがあります。それを見てご納得いただいてから、設計を始めます。

FLOW 04 設計

電気工学、機械設計両方の知識を持ち、大手メーカーでのロボットの選定・購入担当者という業務経験も持つ社長をはじめ、豊富な知識と経験豊かな設計の専門家が、CADを使って詳細な設計図を描きます。機械設計図はもちろん、制御盤や回路設計も社内で描きます。シーケンサを使用した回路設計、タッチパネルでの操作画面のデザインまで一貫して行います。
産業用ロボットの企画・設計・製造 アイズロボ株式会社 設計

FLOW 05 製造

完成したロボットと周辺機器をトラックで搬送できるように分割して梱包し、お客様の工場に搬入、据付を行います。その後、現場で約1日試運転を行い、1~2日間運転に立ち会います。その際、不具合があれば現場で詳細な調整を行ってスムーズに動作するまでサポートします。
産業用ロボットの企画・設計・製造 アイズロボ株式会社 製造

FLOW 06 ティーチング・試運転

独自のプログラムを作成して組み立てたロボットを動かしながら、お客様の作業現場で求められる動作を記憶させていきます。その後、試運転を繰り返して繊細な調整を実施。求められる動作が可能になったタイミングで、お客様に実際に見ていただきます。
産業用ロボットの企画・設計・製造 アイズロボ株式会社 ティーチング・試運転

FLOW 07 据付・操作説明

いったんロボットと周辺機器を細かく解体し、お客様の工場に搬入、据付を行います。その後、現場で約1日試運転を行い、1~2日間運転に立ち会います。その際、不具合があれば現場で詳細な調整を行ってスムーズに動作するまでサポートします。
産業用ロボットの企画・設計・製造 アイズロボ株式会社 据付・操作説明
※ロボット導入後、基本は1年間の保証期間があり、故障修理の無償対応を致します。
また基となるロボットの製造メーカーによる修理対応もございます。

CASE 最新事例紹介

ラミネーター (他の写真あり)
視覚センサーを使用した部材供給 (他の写真・動画あり)