WORKS実績一覧

これまでにご依頼いただいた過去の実績を紹介いたします。
また、事例へ動画や写真を掲載しておりますのでこちらもぜひご覧ください。

TABLEアイズロボ(株) 年度別実績表

年度 新規設備台数 ロボット納入台数 ものづくり補助金採択設備
2018年 13 16 1
2017年 12 15
2016年 11 9 1
2015年 8 5
  • ・2015年にアイズロボでテスト用ロボットをものづくり補助金で購入
  • ・2019年2月には3Dビジョンを購入してバラ積みテストロボットのデモ機を製作

2019年度

客先 設備名 概略・ポイント
1月 愛知県(N社) ラミネーター装置 900mm巾、1200mm巾の鋼鈑に保護フィルムを内貼りする装置。ポイントはフィルムを空中でカットし鋼鈑よりはみ出さないように貼れること。フィルムを扱う装置が初めてでかなり苦労したが社内でのノウハウが習得できた装置。ロボットは無く専用機。
※こちらの装置は事例に写真を掲載しております。

2018年度

客先 設備名 概略・ポイント
10月 千葉県(T社) シール貼付装置
【シール貼付ロボット】
真空トレーに入ったワークをビジョンで5ケ同時に取出し そのワークにロボット2台でシールを貼り付ける装置。ポイントはロボット2台の共同作業でシールを作業者の手の様に貼り付けれること。この装置はものづくり補助金取得。ロボットは7Kg可搬2台。
※こちらの装置は事例に写真を掲載しております。
10月 山口県(F社) パウチの箱詰め装置
【箱詰めロボット】
直行ロボットでコンベヤ上からワーク(パウチ品)を取出、整列したのちにロボットで6枚同時に取出し箱に詰める装置。ポイントは箱の自動入れ替えと綺麗に箱に整列して箱に詰めれること。ロボットは7Kg可搬。
8月 滋賀県(S社) ビーズ検査・取出・供給装置
【検査ロボット】
金型内の300ヶ以上あるビーズの中からズレているビーズを見つけ出し、取り出して正規に供給する装置。ポイントは3次元レーザーでスキャンして傾いたビーズを見つけることが出来ること。ロボットは35kg可搬。
7月 千葉県(T社) チップ粉砕工程ロボット
【ハンドリングロボット】
樹脂原板を粉砕する工程で原板→粗粉砕機→微粉砕機→篩機と順に樽に入った粉物を供給していく装置。ポイントは、人が防塵マスクをして20Kgの樽を運搬や粉の投入で悪環境でかつ重労働だったのが完全自動にできたこと。ロボットは165Kg可搬。
※こちらの装置は事例に動画を掲載しております。
6月 茨城県(P社) 断熱桟生産設備
【タッカー打ちロボット】
150mm~1070mmまでの合板の両サイドにブロックをタッカーで固定する設備。ポイントは合板マガジンにランダムに供給されたワークを1枚づつ測長するので品種選択無しで自動で生産できること。ロボットは10Kg可搬。
※こちらの装置は事例に動画を掲載しております。
6月 埼玉県(T社) 洗面自動裏貼付装置
【組立ロボット】
洗面台の裏に補強板を貼付る装置。ポイントはロボットで貼付け部材を持ち その部材に直接瞬間接着剤を塗布してすぐに貼付け動作を行い、更に研磨ツールを持ち替えて側面を研磨できること。ロボットは70Kg可搬。
5月 大阪府(C社) ホットメル塗布装置
【接着塗布ロボット】
布に接着剤を塗布する装置。ポイントは布は伸縮するので布をバキュームで固定し、ビジョンでズレ量を補正して接着塗布ができること。ロボットは10Kg可搬。

2017年度

客先 設備名 概略・ポイント
12月 茨城県(P社) 外壁かしめ装置
【組立ロボット】
枠組み治具にセットされたワークロボット2台で油圧でかしめていく装置。ポイントは枠組みされた完成品ワークは大きいので、ロボット2台でシンクロさせて搬出できること。125kg可搬ロングリーチ2台。
12月 山口県(F社) パウチ箱詰め装置
【箱詰めロボット】
コンベヤに流れてきたワーク(パウチ品)をビジョンで認識しロボットで取出し箱へ積める装置。ポイントはビジョンを用いて6枚のワークを順に1枚づつ吸着しながら整列させれること。ロボットは7kg可搬2台。
9月 茨城県(P社) 木製組立装置 木製床を組み立てる設備で、ボード供給→接着塗布→釘打ち断熱材タッカー打ち→積載までを行う設備。ポイントは無限バリエーションに対応した位置決め、ビジョンを使ったボードの掴み補正、木のそりに追従して接着塗布を行えるなど。今まで6名作業が2名作業に4名の省人。ロボットは125kg可搬3台。
※こちらの装置は事例に写真を掲載しております。
8月 愛知県(S社) 芯管両面テープ貼り巻き機供給
【組立ロボット】
パーツフィーダーから供給されるワークの芯管を7ヶ取り出し両面テープ貼付け、シール巻き機へ投入する装置。ポイントは、りけい紙を剥離しながらロボットとテープ送りをサーボで同期させれること。ロボットは安川7kg可搬。
5月 三重県(F社) 台紙メルト塗布・フィルム貼付装置
【フィルム貼付ロボット】
台紙にホットメルトを塗布してフィルムを貼り付ける装置。ポイントはビジュアルトラッキングでコンベヤを止めること無くロボットがフィルムを追いかけて貼り付けれること。ロボットはゲンコツ1kg可搬2台。
5月 石川県(K社) 部品供給装置
【仕上げロボット】
コンベヤ上に流れてきたワークをトレーに種類分類して供給する装置。ダブルハンドで吸着するワークと掴むハンドをビジョンで判別できること。ロボットはゲンコツ1kg可搬。
3月 兵庫県(M社) マスキング装置
【塗布ロボット】
部品をメッキおよびアルマイト処理するために表面処理をしない箇所にホットメルトでマスキングする装置。ポイントはATCで形状の違うワークに対応。ワークの余熱・冷却の温度管理を行い塗布状態を安定させれること。ロボットは70kg可搬。
2月 大阪府(K社) NC加工機投入取出装置
【加工ロボット】
NC加工機への材料を供給・取出しする装置。ポイントは材料のストックベースが取れないのでカーブコンベヤを製作。NCから取り出したワークのバリ取りロボットで実施。ロボットは10kg可搬。

2016年度

客先 設備名 概略・ポイント
12月 大阪府(R社) インサート成型機供給取出装置 小型部品を成型機へ供給、完成品を取り出すロボット。ポイントは成型機へ供給した時に、ズレが1mm以内に収まっているかカメラで確認できること。ロボットは7kg可搬。この装置はものづくり補助金取得。
11月 千葉県(T社) 裏貼り装置 1台のロボットで研磨、瞬間接着材塗布、部材貼付、タッカー打ち業をすべて行う装置。ポイントはATC(オートツールチェンジャー)でハンドを4種類持ち替えて作業できること。ロボットは70Kg可搬。
9月
12月
茨城県(P社)
滋賀県(P社)
パネル枠組み装置 枠組み治具にセットされたワークをロボット2台で油圧でかしめていく装置。ポイントは枠組された完成品ワークは大きいので、ロボット2台でシンクロさせて搬出できること。125Kg可搬ロングリーチ2台。
8月 宮城県(T社) 製品梱包ライン 段ボールを製函→製品投入(作業者)→封函→ 計量→製品ラベル貼付→パレタイズ→荷崩れ防止のためのラッピングまでのライン一式。ロボットは70Kg可搬。
8月 千葉県(T社) 天板裏貼装置
【組立ロボット】
天板の裏に裏貼り材を貼付ける装置。ポイントは接着塗布→部材貼付→タッカー打ち作業をツールチェンジして作業できること。位置決めをビジョンで補正できること。100kg可搬1台。
7月 神戸(M社) ホットメルト塗布 試験装置 手動式でホットメルト塗布ガンをX-Y-Zで段取り替えを行う治具装置。
6月 山口県(F社) 製品箱詰め装置 ベルトコンベヤに流れてきたワークをビジョンで認識し、ロボットで取出し、箱へ詰める装置。ポイントはビジョンを用いて6枚のワークを順に1枚づつ吸着しながら整列させれること。ロボットは7Kg可搬2台。
5月 茨城県(P社) パネル積載装置 100Kgのパネルのパレタイズ装置。最大巾1800×長さ2700mm、最小巾150×1680を吸着とクランプ機構のハンドで15段まで積載。ポイントは隣接して積載できる。ロボットは315Kg可搬。
3月 大阪府(C社) 部品整列供給装置 コンベア上に流れてきたワークをビジュアルトラッキングで取り出し、トレーへ整列していくロボット。ポイントは吸着ハンドとチャックハンドのダブルで多種のワークに対応できる。ロボットはゲンコツ1kg可搬。
2月 福岡県(T社) スキットへパネル投入装置 台車に積まれたワーク(最大2200×1000mm 約20kg)を1枚づつ取り出し、スキット(かご台車)へ約50枚積めるロボット。ポイントはスキットへ詰める際に、緩衝材のプラダンをワークとワークの間に同時にセットできるところ。ロボットは125kg可搬。

2015年度

客先 設備名 概略・ポイント
11月 千葉県(T社) 裏貼り装置 1台のロボットで 瞬間接着材塗布、部材貼付、タッカー打ち業をすべて行う装置。ポイントは貼付ワークをビジョンで確認し、傾きと位置を補正できること。ロボットは100Kg可搬。
9月 兵庫県(P社) 組立設備 部品供給設備 段ボールケースに入ったワークを、ロボットハンドのマグネットで吸着させ、精度のあるパレットへの移し替え、次の工程へ供給する省人化装置。 ポイントは下からのカメラで掴み補正できること。 ロボットは7Kg可搬。
7月 千葉県(I社) ベンダー曲げロボット 旧ラインはベンダー2台に対しタワー型ロボット2台で生産を行っていたが、多関節ロボット1台に変更。 ポイントはベンダーロボットのレイアウト変更で生産性を向上できた。ロボットは165Kg可搬。
3月 山形県(P社) ハッチング装置 以前は手作業ワークにショットブラストを行っていたが、ロボットがワークを持ってレーザー加工機ハンドリンクしてハッチングを行う。ポイントは品質向上、作業効率化。ロボットは7Kg可搬。

CONTACT お問い合わせ

ご興味がございましたらぜひお問い合わせください。